月別アーカイブ: 2016年3月

懐かしいね!

IMG_0095本会会員助産のかもめ助産院に来ていたお母さんの妊婦健診に幼稚園が春休みで一緒についてきたお姉ちゃんが「写真を撮りたい」と言いだしました。
お母さんも私たちもどうしてかなあと思いつつ、3人の写真を撮りました。
お話を聞くとお姉ちゃんは弟が生まれた時に抱っこして写真を撮ったことを覚えていたらしく、かもめに来たからまた写真を撮りたくなったみたいんです。覚えていてくれてうれしいなあ~(^^)上のお子さんとも触れ合える助産院のこういうところがいいんですよね!
また、赤ちゃん産まれたら、みんなで撮ろうね!


助産院からの早期退院後は訪問します

IMG_0076本会会員のかもめ助産院ではご家族のご意向にそって、お産後お母さんの体調がよければ早期退院もできます。またその後はご自宅に訪問させていただきお母さんの母乳マッサージや骨盤マッサージ、赤ちゃんの沐浴もします。またK2シロップを飲ませたり先天代謝異常検査もします。ここが病院での早期退院と違います。病院ではお母さんが赤ちゃんを連れて行かなければいけませんよね。ご家族のご希望もご遠慮なくお申し出くださいね!


助産師になんでもご相談ください

DSC_0353今日、母乳相談に来てくれた方はお1人目から本会会員のかもめ助産院に来ていただいてましたが1人目、2人目はちょっぴり早産になり嘱託医療機関でのお産になりましたが3人目の僕はかもめ助産院で生まれました。助産院は医療機関と提携していますので異常が出た時も医師にすぐ相談できます。ご家族が増えていく中、いろいろなご相談にも来ていただいてうれしいかぎりです。お母さん方との語らいの時間はとても楽しく助産師冥利に尽きますね!


横須賀市周産期連絡会

DSC_0352周産期連絡会に行ってきました。
横須賀市内・近隣の病院、クリニックの方が集まって年に1回開催されています。今年で17回目ということで、なんと最初から会長の鈴木は(かもめ助産院院長として参加)参加していたんだ、ということがわかりました。横須賀市の産後ケアは産婦さんが希望すれば(横須賀市在住者)利用できるとのことで横須賀市との境で横浜市側の病院から来ている助産師さんは驚かれていて、横須賀から来た産婦さんには薦めますと言われてました。病院と助産院、自治体が協力してお母さん方のお産や育児をバックアップでできればいいなと思います。


おんぶ紐

DSC_0348休日ですが本会のかもめ助産院の産後ケアに2人のお母さんが来てくれました。前回おんぶしてもらったので、お母さんもやってみたいとおんぶ紐を持参されました。写真はそのレクチャーをやっているところです。いろんなことできるだけお答えしますのでなんでも聞いてくださいね!


産後ケアが始まって早、半年

今日でかもめ助産院で受けていた産後ケア卒業です。
「ここに来ると機嫌がいい。うちだとこんなんじゃないのに…」
とお母さん。
ここに来るとニコニコしているので、おうちでの悪態ぶりは感じさせないのですが、おうちではすっかり甘えん坊なんですね(^^)
お母さんに「何か心配なことがあったら、遠慮なく相談してね」と送り出したら、「はい、2人目の時とか…」と言ってくれました。
横須賀市で産後ケアが始まって早半年、卒業の方が立派なお母さんになっていきます。産後ケアをやって良かったなと思う瞬間です。
かもめ助産院さんの写真


マタニティーヨーガをお勧めします

とりうみ先生がかもめ助産院でマタニティヨーガをやっていますのでお勧めします。
今日は、
マタニティヨーガ@かもめ助産院

マタニティヨーガへの思いが
溢れてきました!

今日は、
最初に妊婦さんとお話…
問診などといいながら、
世間話。

先日寒かったね。
何してたの?
ウォーキング⁈

日々過ごし方を考えている妊娠さんの心理がわかるような
気がします。

陣痛やお産のタイミングは、
自分のカラダなのに、
操作できない。

普段 元気な人、
スポーツが得意な人、
そんなこと自体
想像がつかないのではないでしょうか?

まさに、
お産は宇宙のリズム。。

その宇宙の波に、
反発せず、
自然とカラダもココロも
ゆだねられると、
赤ちゃんとのつながりを
感じられる。

妊娠さんは、
想像出来ないお産への不安を抱えているけど、
実際、病院では、
現実味のあるお話だけで
さようなら…。

お産に必要なリラクゼーション、
妊娠中の不安な気持ちを落ち着かせ、
自律神経を整えることが
必要です。

赤ちゃんとのコミュニケーションは、
お腹に生命が存在された時から
始まっていますね。

もう、それは
子育てそのもの。。

この瞬間にも
赤ちゃんもママも
成長している
「いま」を
大切にして欲しい。

そんな思いで
瞑想的マタニティヨーガ
お伝えしたいです。

お問い合わせは、
かもめ助産院まで。
☎︎046 825 0588


NCPR2015

DSC_0348昨日、本会会長の鈴木は、神奈川県周産期連絡会に参加しました。「新生児蘇生~NCPR~最新の話題」という題目でした。NCPRはどこで生まれても赤ちゃんが緊急時に蘇生を受けられるように医療者が学び、実施できるものの方法です。私は最初にこの研修を受けるのに7年前に沖縄に行きました。講習会自体が少なかったからです。しかしその後は講習会も増え、今では県内にこのNCPRの認定者もふぇつつあるようです。(私の助産院の、かもめ助産院の助産師もみんな取得済みです)日々の医療の進歩にしっかりついて行かなきゃいけませんね!助産院も安全に配慮しています。あなたの通っている施設の助産師さんは以下かでしょうか?施設選びのポイントの一つに入れてくださいね!